2017年03月22日

現在、求人中の「Tree Tree Ishinomaki」

http://ishinomaki-iju.com/?p=1087

 

石巻こけしカルチャーのブランドマネージャーを募集中という事で、

「石巻こけし」の絵付け体験を取材してきました。

 

「石巻で何かやってみたい!」

と、初めて石巻を訪れてくれた方をアテンドさせていただきつつ、取材にもご協力いただく事ができました。

P1420675

 

石巻市立町にある「林屋呉服店」を2階に上がり、奥へ進んで、こけし作りの工房へ。

ガイダンスなしで自由に絵付けをするコースもあるとの事ですが、今回は初めてという事でガイド付きのコースを選択。

 

Tree Tree Ishinomaki代表の林さんが、丁寧にガイドしてくださいます。

 

 

P1420678

 

削り出してもらった木の頭部分に模様を付け、胴体には着物の絵付けをします。

ある程度の「型」はありますが、林さんは「こんな風に作りたい」という作り手の気持ちを尊重してアドバイスしてくれますので、初めての方でもオリジナリティを大事にしながら上手に作る事ができます。

 

P1420673

 

帯を描いた後は、回る機械から取り外し、いよいよ顔の絵付けへ。

線の入れ方などを丁寧に教わり、震える指を抑えてまずは練習を。

 

P1420684

 

 

腕がブレないようにしっかりと固定し、表情を入れてゆきます。

 

P1420687

 

「線を入れてゆくたびに、愛おしくなりますね」。

…だんだんと仕上がってゆくに従って、我が子のような気持ちになるのだそうです。

 

顔を入れたら前髪と着物の柄を入れ、石巻こけしオリジナルの紋様である「フィッシュボーダー」を入れて…

 

P1420707

 

最後に綿棒で、ちょん、ちょんと桃色の頬を入れると、一気にこけしに命が吹き込まれます。林さんに仕上げの作業をしていただいて、いよいよ完成。

 

P1420715

 

こけしには作り手の心が出るのだそうです。

どことなく作り主に似るのは、我が子のように愛を込めて絵付けするからでしょうか。

 

P1420718

 

日当たりの良い部屋。

静かなクラシックを聴きながら絵付けをする空間は、こけしだけではなく自分と向き合う時間でもあるそう。

 

「いつも持ち歩いて一緒に旅をしたいです」

と、体験した方も満足そうに帰ってゆかれました。

 

P1420723

 

皆さんもぜひ石巻の立町に来られた際には、「石巻こけし」の絵付け体験をしてみてはいかがでしょうか。1時間〜2時間で体験できますよ。

ずっと大切にしたくなる、愛おしいオリジナル土産になるはずです。

 


 

Tree Tree Ishinomakiでは、林さんと一緒に、「石巻こけしを世界に発信できるブランドにしたい」という方のご応募もお待ちしています。

アートやものづくりが好きな方にオススメの求人です。

興味があるという方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

2017-03-15 (1)

「石巻こけしカルチャー」を世界中に広めるブランドマネージャー募集!

2017年03月15日

石巻こけしブランドを確立させ、木製品以外にも様々な分野の商品やサービスを世界中に提供する

我が家は祖父の代から続く呉服店を営んでおり、石巻駅からほど近い立町大通り商店街の一角に店を構えております。
震災前から現在も、他の地方都市商店街と同様に、街の賑わい創出や事業の継続など様々な課題を抱え営業しています。
少しでも街に賑わいを取り戻したい、そのために何か新しい事業を始めたいと模索するなか、山形県の山間部で「きのこなこけし」というこけしに出会い衝撃を受けました。これまでのこけしとは一味違った、ポップで明るく、山形らしいこけしでした。この出会いを機に、東北の名産である「こけし」に「石巻らしさ」を盛り込み新土産にしようと商品開発したのが「石巻こけし」です。

売上は順調に伸び、仙台駅や仙台空港をはじめ新たな販路も次々に開拓されていますが、作って売るという作業を一人で黙々とこなす日々に追われています。呉服店の営業とも重なるため製作が追い付いていません。昨年末から軽作業を手伝ってくれるアルバイトが入り、少しづつ生産体制は向上してきました。それでも実店舗をはじめ駅などの主要販路を活かしきれず、ワークショップやイベントの開催もできておりません。

立町を元気にしたい!なんとか、活気のある商店街に…!
石巻地域の振興と発信を大きなミッションとしましたが、こけしの製作販売を通して、新たな一歩を踏み出した被災地の人間がいること、少しずつ復興に向かっていることを知ってほしいという気持ちもあります。
今後は、木製品に留まらず多様で新しい商品の開発はもちろん、イベントの開催や運営、今までになかった新しいサービスも一緒に模索していければと思います。地域への貢献はもちろん大前提とし、石巻こけしを世界に発信できるブランドにしたいです。

2017年03月14日

「海の漁師」「山の猟師」「動物・田畑と農家」、国立公園の一部でもある豊かな自然と町の人たちとの暮らしを楽しみ、訪れる人とのつながりを生み出す仕事です。

宿泊・調理・プログラム(学ぶ)の3チームの中で、一番こどもに関わる機会が多い「学ぶチーム」メンバーの求人です。
こどもから大人まで幅広い地域・種属の方々へのプログラムを共に作り出すスタッフを募集しています。

2017年03月05日

石巻市では「まちのコンシェルジュ」を設置しております。

以前こちらの記事でもご紹介させていただきました。

 

【石巻市委託事業】石巻移住相談窓口「まちのコンシェルジュ」

0001-1

 

 

移住だけでなく起業や、まちの情報など、さまざまな場面で窓口となる「まちのコンシェルジュ」をここで紹介させていただきます。

 

 

 

????????????????????????????????????

 

・名前:雁部 隆寿(がんべ たかし)

・生年月日:1978年3月27日

・出身地:宮城県石巻市

・所属:ISHINOMAKI2.0、ハグクミ

・コンシェルジュとなったきっかけ:自分が生まれ育った石巻の魅力をより多くの人に伝えたいと思いました。「繋げる」が自分のキーワードです。

 

・本人より:「移住というとハードルは高そうですが、まずは石巻に軽い気持ちで遊びにいらして下さい。沢山の魅力的な「人」や「出会い」が皆さんをお待ちしております。」

 

 

????????????????????????????????????

 

・名前:矢口 龍太(やぐち りゅうた)

・生年月日: 1983年1月21日

・出身地:宮城県石巻市

・所属:ISHINOMAKI2.0、ハグクミ

・コンシェルジュとなったきっかけ:大学で東京へ出てから15年、かつて過ごした石巻の面白さが忘れられず、2017年よりUターンして来ました。この街の魅力を、今度は自分が伝えてゆく側になりたいです。

 

・本人より:「せっかくなので自分自身も移住者になってみました。お仕事探しや家探し、車の免許に役所のことを一から体験してみました。移住した経験を踏まえてお役に立てれば幸いです。」

 

 

郷土愛が取り柄のこんなコンシェルジュ二人が

石巻の魅力や生の情報をお伝えしてゆきます。

移住や起業、住宅の事など、まずはどうぞお気軽にご相談ください。

 




お問い合わせ

 0225-90-4982 / navi@ishinomaki2.com

 

 

 

まちのコンシェルジュでは、Facebookページも開設しております。

石巻の日常や有用情報などをお伝えして参りますので、是非ご覧ください。

 

スクリーンショット 2017-03-04 11.06.56

 

 

Facebookページ「こちら石巻 まちのコンシェルジュ

 

 

2017年03月02日

 

2017年2月25日(土)  秋葉原コンベンションホールにて

ローカルベンチャーラボ主催のイベントが開催されました。

 

 

地域資源を新しい価値観で活用する「ローカルベンチャー」。

 

石巻市では「移住」だけではなく、このローカルベンチャーの推進にも力を入れており、本イベントへ参加する事となりました。

写真 2017-02-25 13 08 02

 

地方での起業を志す150名ほどの来場者があるなか、石巻市では

 

石巻市地域振興課
石巻うまいもの株式会社
一般社団法人 ISHINOMAKI2.0
一般社団法人 イシノマキ・ファーム
一般社団法人 WE ARE ONE 北上
合同会社 巻組
Tree Tree Ishinomaki
ヤフー株式会社

 

という大所帯で参加。

 

トップバッターを飾ったISHINOMAKI2.0の松村豪太のプレゼンテーションも会場を温め、その後の石巻ブースは盛り上がりをみせました。

写真 2017-03-01 17 32 31

 

 

石巻で起こり始めている新しい試みに、熱心に耳を傾ける来場者たち。

いま、石巻では多くのチャレンジが巻き起こっています。

 

 



「石巻こけしカルチャー」

世界に広めるブランドマネージャーを募集する

Tree Tree Ishinomaki



「食はひとを元気にする」
をテーマに

コミュニティフードコーディネーターを求める

WE ARE ONE 北上



サイクルツーリズムなど

石巻アクティビティツアーの開発・実施者を募集する

ヤフー株式会社


 

石巻のベンチャーを増殖させるための

「住まい」「場づくり」を行う

合同会社 巻組


 

 

新しい可能性と出会い、これまで以上に「チャレンジできる街・石巻」となれれば

「世界で一番面白い街」に近付いてゆくのかも知れません。

 

写真 2017-03-01 17 32 28

写真は、オーガニックホップの栽培とクラフトビール作りを行う「イシノマキ・ファーム」 の 代表・高橋由佳氏(中)と、東日本大震災をきっかけに、食に携わる10社が手を取り立ち上げた「石巻うまいもの株式会社」の代表・千葉雅俊氏(右)。

 

 

 

この日知り合った誰かが、近い未来石巻で活躍し

地域を盛り上げているかも知れない。

 

 

 

そう考えると、石巻の「まちのコンシェルジュ」だけでなく

ゲストの事業者たちにも熱が入るのでした。

16939401_1118347558275876_595290116540008738_n_Fotor

 

 

他自治体の盛り上がりも大いに感じられ、刺激となった「ローカルベンチャー・イニシアティブ2017」。この日のご縁が良きものとなり、互いの実りとなりますように。

 

 

これからも石巻は

移住や起業にチャレンジする方々を本気で応援して参ります。