2018年11月14日

今回は11月9日に行われたオモシロ不動産大作戦 マッチングコースをレポートします。

今回は鳥取で活躍されている、うかぶLCCの三宅 航太郎氏をゲスト講師に迎えての内容となります。
なんと、前日スタートアップコースの講師としていらっしゃった花屋氏も参加!

 

三宅 航太郎氏
うかぶLLC
(http://ukabullc.com/)
2010年に空き家を使って、瀬戸内国際芸術祭に期間を合わせて勝手に開催したゲストハウス型プロジェクト「かじこ」を108日間共同運営。2012年に蛇谷りえと合同会社うかぶLLCを設立し、ゲストハウス&シェアハウス&カフェ「たみ」、2号店「YPub&Hostel」をオープン。その他、グラフィックデザインや企画制作などを行う。趣味はたみ周辺の空き家探しとリーシング。

 

 

三宅さんの取り組み

 

最初は岡山でゲストハウスの運営から始めてみた。イベントをやると通常宿泊よりも1000円割引するという仕組みを取り入れてみたところ、イベントを開催する人の宿泊がとても多かったそうです。周囲の人も巻き込みながらイベントをしていくもこともあり、町を使って泊まるという感じでした。しかし3ヶ月ほど運営したところでゲストハウスは取り壊しに。

 

この他にも岡山では連日イベントなどが続いた疲れからか、違う観点から見ようと思い、片岡さんという建築家に出会い鳥取に行くことに。
単発イベントのような強くて短いものよりも、弱くても長いことをやりたいと思いました。

 

 

いい物件がないかと相談したとき、もと漁師の小屋を紹介され、ほぼ廃墟同然の状態にもかかわらず面白く、可能性を感じたので即購入。周囲の人とおもしろく改修しながら友達もできたりして、3年ほど住んでいた。

 

周囲の人の家業を手伝ったりしているうちに、元国鉄の寮の空き家を紹介いただけたそうです。ほとんどの部屋に前の物がある状態でスタート。2tトラック20往復くらいしてやっと残っていた荷物を処分。
そうしてゲストハウス”たみ”の運営を開始。写真をインターネット上に掲載しないことで、写真を見ただけで行ったような気持ちになるようなことをさせず、実際に来て感じるということを大切にした。

 

 

その他にも鳥取は場所が豊富で物件も多く、三宅さんが手をかけた物件は趣味として何かがやりたいという人たちが借りることが多いそうです。

 

経験を通して気づいたことは、ある場所通い続ける・関わり続けることで宿泊者が住民になったり、住人の人がスタッフになったりと色濃く変化していくということ。

 

 

質疑応答

 

Q.たみには年間どれぐらいの方が来るのですか?
A.1500人程度。発信あまり行わないが、基本イラストで行っている。それである程度のフィルタリングがかかることで、来てほしい層に来てもらえる。

Q.なぜ湯梨浜で始めたのですか?
A.先が見えているものより、先が見えないことをやりたかったから。実際湯梨浜の前はある程度有名なところでゲストハウスをやってみないかと声がかかったが、それだと手堅いビジネスのようになってしまい、未来が想像できてしまうためにお断りしたこともある。

このあとは休憩を挟み、ワークショップや空き家活用の相談などを行いました。

 

 

次回のオモシロ不動産大作戦、マッチングコースは1月を予定しております。

ゲストはNPO法人尾道空き家再生プロジェクトの​豊田 雅子氏。
どんなお話が聞けるか、非常に楽しみです!

当日参加も可能ですので、気になった方はこちらのWEBサイトを是非ご一読ください。
https://www.makigumi.org/blank-5

2018年11月02日

東北・宮城の三陸沿岸部。震災から7年が経過した今、石巻市、気仙沼市、南三陸町、女川町が連携し、プロモーション活動を開始します。地域を超えて、移住やチャレンジを応援するチーム「三陸情熱界隈」。

“ガンガンいこうぜ”のコンセプトのもと、2018年11月1日より、いよいよ始動します。

その第一弾として、リリースイベントが東京の麻布十番にて行われます!

 

 

○三陸情熱界隈とは?

宮城県沿岸部の気仙沼市、南三陸町、女川町、石巻市の4地域による連携プロモーションを行う主体。「沿岸部の今」に焦点をあてた港町らしい元気の良さを伝えるため、映像・ロゴ・同一のグッズ等の作成を行い、移住フェアなどイベントにて使用。沿岸地域のブランディングとプロモーション強化を図る。また当広報活動の出口として、映像完成後に合同のPRイベントを都内で開催する。今後の範囲拡大も期待し、「三陸」を掲げてブランディングを図る。構成団体は、一般社団法人ISHINOMAKI2.0、特定非営利法人 アスヘノキボウ、南三陸町移住支援センター、気仙沼市移住・定住支援センターMINATO。

 

○リリースイベント「三陸ミートアップ」開催

4自治体のメンバーが集う「三陸ミートアップ」と称し、ゲストにPR映像の出演者でもある、株式会社 男山酒造の菅原大樹氏(気仙沼市)、合同会社でんでんむしカンパニーの中村 未來氏(南三陸町)、カレー屋DISCOの園田氏(石巻市)、認定NPO法人カタリバの多田 有沙氏(女川町)らを招いて、三陸情熱界隈をPR。主な対象は都内近郊のUターン・Iターンを考える20代〜40代の方で、映像上映のほか、「三陸縦断ウルトラクイズ」や、各地域のローカルベンチャー紹介、クロストークや交流会などを行います。

また、PR映像もこちらのイベントで公開されます。4地域でチャレンジする若者に出演していただき、女性スカバンド「オレスカバンド」の楽曲「Carry on!」に合わせたPR映像を作成。鑑賞した人にポジティブな感動を与えられるミュージックビデオのような映像作品となっています。

 

日時 : 2018年11月23日 13:00 ~ 16:00
会場 : 麻布十番 ITALIAN LOUNGE PACE
東京都港区南麻布1-5-4 NKCビルB1F
地下鉄南北線・大江戸線「麻布十番駅」1番出口より徒歩3分
入場無料
参加申込 :  http://urx.red/N9rK
または下記代表事務局まで

 

 

○主催
三陸情熱界隈
(一般社団法人ISHINOMAKI2.0、特定非営利法人アスヘノキボウ、南三陸町移住支援センター、気仙沼市移住・定住支援センターMINATO)

○協力
宮城県、気仙沼市、南三陸町、石巻市、女川町

○代表事務局
一般社団法人ISHINOMAKI2.0 (担当 : 矢口)
TEL : 0225-90-4982
FAX : 0225-90-4983
Email : info@ishinomaki2.com

2018年11月01日

10月19日に「とりあえずやってみよう大学 第2回」が開催されました。
今回は”意外な組み合わせを楽しむ学”です。

まずはとりあえずやってみよう大学校長の松村豪太さんの挨拶から始まり、入学証を前回を受け取れなかった方に授与が行われました。

今回の講師である豊島 栄実先生にバトンが渡されます。

 

 

豊島さんは東日本大震災をきっかけに石巻に戻り、それまでは東京で結婚式専門の司会とプランナーをフリーランスとして行っていました。石巻に戻ったあとは会社員として働いていましたが、そのときに結婚式の風景がないことに気づいたそうです。東京では駅から少し歩けば結婚式の二次会だったり、撮影が行われていたりしたのが日常でしたが、石巻では全くと言っていいほど見かけません。

なんと石巻では年間婚姻届が600通も出されていますが、石巻で行われた挙式はわずか20件。石巻以外で結婚式を挙げた人たちは自分たちのやりたい結婚式と石巻でできる結婚式とではギャップがあり、石巻で式をあげていないという理由が多かったそうです。

これらを解決すれば石巻で結婚式ができると思い石巻で仲間を探し初め、繋がりで沢山の仲間が見つかった。センスも抜群な人が多く、東京にも負けないと感じ、ウェディングに本格的に乗り出しました。自分たちでやるにはこだわりを持ちたいと思い、地産地消、手作りのウェディングということをかかげながら3年間やってきています。

いくつかの素敵な石巻ウェディングでの結婚式をムービーと一緒にご紹介いただいたあと、質疑応答が行われました。
詳しくムービーについて見たい方はこちらをご覧ください。
https://www.ishinomaki-wedding.com

 

 

続いて本日2人目の講師となるMIDORI.soの小柴 美保先生にバトンタッチ。

MIDORI.soは中目黒に面白い物件があり、その大家さんのいろいろな思いのある物件を「若者が面白くつかってくれるのならば」と貸してくれたそうです。今まで使われていなかった物件だったので、家具を買ってきたり、ペンキを塗り直したりをして自分たちで直して行きました。

最初は感覚で初めたことですが、やっているうちに目的意識が芽生えてきたそうです。「働き方が変わると世の中も変化する」という仮説のもと、従来のやり方では新しい発想が生まれないと考え、個人の働き方が変わることで会社の形も変わって行き、社会も変化させたいという目的ができたそうです。

働くことっておもしろい、働くことって自由だ、働き方を変えることで文化活動をしているという意識を持って取り組まれているそうです。
もともと小柴さんは外資系証券会社で日本の企業分析などを行っており、朝7時には会社に顔を出し、帰りは12時過ぎ、また翌日5~6時には起きるという生活を送っていました。仕事自体は面白くしていたそうです。そんな中、東日本大震災を経験し、ここでしねないと思ったことがきっかけで前職を退職。何かやってみようと思い、シンクタンクをやってみようと考えているなかMIDORI.soの物件を見つけたそうです。

詳しくMIDORI.soについて見たい方はこちらをご覧ください。
http://midori.so/

 

 

その後は講師二方と、松村校長を交えてディスカッション形式で更に話を掘り下げていきました。

 

次回の講義は11月17日”自分がつくったものから学ぶ学”。講師はイシノマキ・ファームの高橋 由佳氏、フィッシャーマン・ジャパンの長谷川 琢也氏です。

締切となっていますがまだまだ単発での参加も可能ですので、気になった方はぜひ公式サイトから申し込みをお願いいたします。

http://ishinomaki-iju.com/udtf/