イベント情報 - 【イベントレポート掲載】とりあえずやってみよう大学 第二回

「石巻を選ぶ」-石巻、くらし方ガイド- – このサイトは石巻に移住を検討しているあなたへ向けたメッセージです。移住するなら誰もが気にする話を、具体例を交えて紹介しています。

波線

【イベントレポート掲載】とりあえずやってみよう大学 第二回

波線

10月19日に「とりあえずやってみよう大学 第2回」が開催されました。
今回は”意外な組み合わせを楽しむ学”です。

まずはとりあえずやってみよう大学校長の松村豪太さんの挨拶から始まり、入学証を前回を受け取れなかった方に授与が行われました。

今回の講師である豊島 栄実先生にバトンが渡されます。

 

 

豊島さんは東日本大震災をきっかけに石巻に戻り、それまでは東京で結婚式専門の司会とプランナーをフリーランスとして行っていました。石巻に戻ったあとは会社員として働いていましたが、そのときに結婚式の風景がないことに気づいたそうです。東京では駅から少し歩けば結婚式の二次会だったり、撮影が行われていたりしたのが日常でしたが、石巻では全くと言っていいほど見かけません。

なんと石巻では年間婚姻届が600通も出されていますが、石巻で行われた挙式はわずか20件。石巻以外で結婚式を挙げた人たちは自分たちのやりたい結婚式と石巻でできる結婚式とではギャップがあり、石巻で式をあげていないという理由が多かったそうです。

これらを解決すれば石巻で結婚式ができると思い石巻で仲間を探し初め、繋がりで沢山の仲間が見つかった。センスも抜群な人が多く、東京にも負けないと感じ、ウェディングに本格的に乗り出しました。自分たちでやるにはこだわりを持ちたいと思い、地産地消、手作りのウェディングということをかかげながら3年間やってきています。

いくつかの素敵な石巻ウェディングでの結婚式をムービーと一緒にご紹介いただいたあと、質疑応答が行われました。
詳しくムービーについて見たい方はこちらをご覧ください。
https://www.ishinomaki-wedding.com

 

 

続いて本日2人目の講師となるMIDORI.soの小柴 美保先生にバトンタッチ。

MIDORI.soは中目黒に面白い物件があり、その大家さんのいろいろな思いのある物件を「若者が面白くつかってくれるのならば」と貸してくれたそうです。今まで使われていなかった物件だったので、家具を買ってきたり、ペンキを塗り直したりをして自分たちで直して行きました。

最初は感覚で初めたことですが、やっているうちに目的意識が芽生えてきたそうです。「働き方が変わると世の中も変化する」という仮説のもと、従来のやり方では新しい発想が生まれないと考え、個人の働き方が変わることで会社の形も変わって行き、社会も変化させたいという目的ができたそうです。

働くことっておもしろい、働くことって自由だ、働き方を変えることで文化活動をしているという意識を持って取り組まれているそうです。
もともと小柴さんは外資系証券会社で日本の企業分析などを行っており、朝7時には会社に顔を出し、帰りは12時過ぎ、また翌日5~6時には起きるという生活を送っていました。仕事自体は面白くしていたそうです。そんな中、東日本大震災を経験し、ここでしねないと思ったことがきっかけで前職を退職。何かやってみようと思い、シンクタンクをやってみようと考えているなかMIDORI.soの物件を見つけたそうです。

詳しくMIDORI.soについて見たい方はこちらをご覧ください。
http://midori.so/

 

 

その後は講師二方と、松村校長を交えてディスカッション形式で更に話を掘り下げていきました。

 

次回の講義は11月17日”自分がつくったものから学ぶ学”。講師はイシノマキ・ファームの高橋 由佳氏、フィッシャーマン・ジャパンの長谷川 琢也氏です。

締切となっていますがまだまだ単発での参加も可能ですので、気になった方はぜひ公式サイトから申し込みをお願いいたします。

http://ishinomaki-iju.com/udtf/