イベント情報 - 【イベントレポート】石巻松下村塾第2回レクチャーDay

「石巻を選ぶ」-石巻、くらし方ガイド- – このサイトは石巻に移住を検討しているあなたへ向けたメッセージです。移住するなら誰もが気にする話を、具体例を交えて紹介しています。

波線

【イベントレポート】石巻松下村塾第2回レクチャーDay

波線

今回は、11月13日に石巻松下村塾第2回目のレクチャーDayの様子をお届けします。
石巻松下村塾では月に1度、石巻でご活躍している方を講師としてお招きしております。

今回のゲストは株式会社DIO代表取締役鈴木 崇也氏、funade ~結日丸~ 田中鉄太郎氏のお二人を迎えての講義を行いました。

 

お二人がどのような事業を行っているのか、どのようなことを大切にしているかなどを講義をしていただきました。

 

 

まずは、株式会社DIO 代表取締役鈴木 崇也氏から。

鈴木氏は石巻で生まれ、高校まで石巻に住み、高校卒業後ミュージシャンを志し上京。ミュージシャンとして活動するなど異色の経歴をお持ちです。ミュージシャンとして活動している傍に、飲食店数件で働いた経験が今の営業にも活かされていると語ります。起業して数年で飲食店を5店舗とリラクゼーションスペーズを運営していらっしゃいます。

お話しの中で特に印象に残っていた点が、ご自身の東京での経験を活かし、石巻の商店街ではまだないものを取り入れスピード感を保ちつつ事業を行っている点です。お店を立ち上げる際に石巻で流行らせることができる自信とビジネスチャンスを理解し、石巻で東京らしい店を出店しようと初めから意識して店舗を立ち上げたとお話しています。

 

その後も、企業理念のお話しや今後の目指す方向性、どのようにお店を増やしていったかなどを話して頂けました。

 

お店の情報は以下のサイトからご覧になることができます。
https://www.do-it-ourself.com/

 

続いては、funade ~結日丸~ 田中鉄太郎氏の講義です。

 

東京都吉祥寺生まれの田中氏。2009年に「おむすび」というブランドを立ち上げ、京都文化にふれたいと思い移住。6畳からはじめ、友人も増え2年くらいしてからは造園業で働きながら制作を行っていたと語る。
ちょうど2年たったときに震災がおき、京都出身の友達が石巻に行くというので、その船に乗って石巻にきて復旧作業をはじめたのがきっかけだと話す。

震災の支援をしていく中で、だんだんとボランティアのニーズが変化していき、働くことが金銭的にも精神的にも支援者に必要と考えて、服作りやものづくりで雇用を産もうと思ったのがきっかけだと語ります。

当時は素材がなく、石巻の素材をつかったら地にねづくことができるんじゃないかと思い、車をはしらせ、被災したダンボールにはいった大漁旗をみつけた。
その際に、持ち主をさがして連絡したら、「どうぞ使ってください」といっていただいたのが大漁旗を使ったリメイク商品のはじまりだと話しをしていただきました。

お店の情報は以下のサイトからご覧になることができます。
http://funade.shop-pro.jp/

 


その後は、塾長の亀山氏が加わり3人でトークセッションを行いました。
店舗運営の話や、商品開発での方法や大切にしている点など、実務的な話しから、想いの部分の内容などとても盛りだくさんの内容でした。

次回は、カフェはまぐり堂でのフィールドワークの様子をご紹介いたします。