イベント情報 - 【イベントレポート】第四回 2025会議 歴史・文化

「石巻を選ぶ」-石巻、くらし方ガイド- – このサイトは石巻に移住を検討しているあなたへ向けたメッセージです。移住するなら誰もが気にする話を、具体例を交えて紹介しています。

波線

【イベントレポート】第四回 2025会議 歴史・文化

波線

 

 今回は、 1月18日に開催された、石巻2025会議、歴史・文化編の様子をご紹介いたします。

石巻2025会議は石巻の地域の未来を地域の皆で考えるイベントです。今回のテーマは「文化・歴史」地域に取って文化は普遍的な財産です。関わりあいのある方々が集まり、これまでの文化を振り返りながら今後の石巻の文化のあり方(育み方)をどのように行っていくかを語り合います。

今回も石巻で活躍されている方々が多く参加されていました。

 

 

 まずはこの石巻2025会議をプロデュースしている合同会社デザインナギの三上さんのオープニングから始まりました。今回もグラフィックレコーディングを行いながら議論を進めていきます。グラフィックレコーディングとは議論の内容を議事録のようなテキストだけで書き残すのではなく、議論の内容をわかりやすい挿絵と共に残すことより感覚的に議論内容をつかめるような高度な記録方法です。

 

 

まず、石巻アーカイブの菊田さんから震災前の歴史や文化を共有していただきました。

特に石巻で特徴的であったのは映画館が栄えていたと話します。全盛期では石巻には6館もあり、お芝居も盛んで歌舞伎などほとんど満員御礼であったと語ります。

また、震災前の若者の文化については文化が豊かだと話す参加者も多くいらっしゃいました。レゲエカルチャーなど自分の世界を楽しんでいる方々が多く、長浜でサーマフェスをしたり、サンファンバウティスタ号でオペラもやっていたと語ります。

 

 

休憩のあとは震災以降の文化について、石巻には無いモノが多い例えば、娯楽などが無いから作る価値があり、非日常性を今の石巻では生み出すことができるとYukiaisaime/Videographerのシマワキユウさんは語ります。

 

 

 またCOMMON-SHIP橋通り、短歌部カプカプ部長の近江 瞬さんは文化を仕事にできる人は少なく、一般の人に活動を広げていき活動する人数を増やして行くことが必要だと話します。石巻は文化的な活動を個人で隠れてやっているケースも多く、近江さんも短歌を隠れてやっていてCOMMON-SHIP橋通りで部活動という制度ができ、仲間を探してみると近くにいたということを知ることできたと語ります。

 他にも参加者の方からは様々な意見が飛び交い、とても白熱した話し合いの場でした。世代を超えて話し合う姿は各々の文化的な活動の情熱が溢れ、石巻が今後より一層文化的な街になり、今後の石巻がますます面白くなるのではと思える会でした。

 

次回は02月15日(金)18時から「第5回コミュニティ」を開催します。

是非ともご参加ください。

https://www.facebook.com/events/275590399735633/